訪問型家庭教師の利用も可能

◆都心部なら通常の家庭教師による授業も可能

バンザンは教育格差を作らないという理念があるので、近くに塾や予備校がなくて困っている地方や離島の人たちだけを助けるような教育方法は行っていません。都心に住んでいる人たちもきちんとバンザンによる教育が受けられる体制になっています。インターネットを使ったオンライン家庭教師に指導してもらい、勉強をすることもできるのですが、都心向けに一般的な訪問家庭教師による指導も受けられるとのことです。

バンザンはEdTechだけにこだわっているわけではないそうです。本来家庭教師は勉強がしたいと考えている人の自宅に指導する側が赴いて勉強を教える方法です。当然よい点もたくさんあるので、よいところはしっかりと残しているのもバンザンの特徴でしょう。指導方法もオンラインライブと変わりはありませんので、都心に住んでいても高いレベルの教育が受けられるとのことです。

バンザンのオンライン家庭教師サービスはこちら

◆自分に合った勉強ができる

家庭教師も1対1で勉強を教えていくので、その人に会った勉強ができるメリットがあります。例えば高校受験で合格するための勉強をしていた人が利用した場合、第一志望の高校受験で合格できるように計画を練って勉強を教えているそうです。その場でわからないことは質問できますし、しっかりとコミュニケーションを取ることもできるでしょう。

バンザンでは嫌々勉強をするのではなく、家庭教師の先生が来るのが楽しみになる、勉強を教えてもらうのがうれしくなるようなモチベーションを向上する方法も導入しているそうです。そのためには家庭内の状況に関するヒアリングなども行う必要があるでしょう。

受講者の能力を引き出せる学習をすることも大切と言われます。受講者の能力を引き出すためには、講師と受講者の信頼関係が影響すると言ってもよいでしょう。

◆講師と一緒に努力をしていく

バンザンは受講者やその家族とも信頼関係が築けるように、コミュニケーションを積極的に取り、勉強に関する内容以外の会話も大切にしているそうです。高校や大学の受験を控えている人は、第一志望校に合格することが勉強をする目的になっています。

しかし、勉強は社会に出ても役に立つことも多いので、一時的とは言え無理やり自分に言い聞かせて行うのではなく、進んで勉強がしたくなるような教育ができるように講師陣も努力しているそうです。

受講者だけが努力をして、講師はただ勉強を教えているだけでは、きちんとした信頼関係は築けないでしょう。勉強を自ら進んで行おうとは思わないのではないでしょうか。バンザンの講師は自らも努力をして、受講者を人として尊重しながら勉強を教えているとのことです。

万全の受験対策ができる

◆受験は避けて通るのが難しい

子供が学校の勉強以外に塾や予備校などに行って勉強する目的と言えば、やはり受験対策でしょう。中学受験は私立に限定されますが、高校受験や大学受験は避けて通ることができません。高校や大学などは推薦で入学することも可能ですが、半数以上の人は一般受験を行って合格することで入学が可能となっています。入学できなければ浪人することになってしましますが、浪人は避けたいと考える人が多いでしょう。浪人しないように、また来年受験をする必要がないように、塾や予備校を利用するのではないでしょうか。

バンザンでも受験に合格するための勉強を行っていますが、どのような教育方法がその人に向いているのかを考えなければ、適切な指導はできないでしょう。バンザンはただ勉強を教えるだけではなく、その人に合わせて計画を立て、合格率を高めるための指導を行っていると言います。受験前の子供には、今の学力では合格するのが厳しい、毎日勉強ばかりで嫌になってきたという悩みを抱えている場合もあるでしょう。

そんな悩みを解決しないで勉強を教えていても、しっかりと覚えることは難しいでしょう。家庭教師が来て勉強をするのが楽しめるような環境づくりや、子供に自信を付けさせることも指導の一環でしょう。

◆講師が受講者に合わせる

バンザンは高い合格実績を持っていますが、いくら合格実績があっても、その人に合わせた勉強ができなければ意味がないという考え方をしているようです。ただ教えればよいのではなく、対話を大切にしながら勉強を教えることも重要ですし、自分できちんと考えて問題を解くことも忘れないようにしなければならないでしょう。

講師も受講者と同じ人間なので、その人によっていろいろな指導方法があるでしょう。講師によって指導方法が変わってしまうと、相性によって上達する人とそれほど上達できない人が出てしまうと言います。これも教育格差に繋がってしまうため、バンザンでは受講者が講師に合わせるのではなく、講師が受講者に合わせて教育をしているとのことです。このような方針はオンライン家庭教師も訪問型家庭教師であっても変わらないと言えるでしょう。

◆実績を活かした指導

合格実績を活かした勉強だけではなく、個人を活かす指導こそがバンザンの教育スタイルだそうです。志望校に合格するには、問題集を解いているばかりではなく、志望校別のアプローチをすることも大切になると言います。都心部なら比較的志望校別のアプローチがある程度できているところもあるようです。

地方では逆に志望校別のアプローチが弱い傾向にあるので、バンザンでは地域格差をなくすEdTechを活かした勉強も行われているとのことです。勉強スピードもその人に合わせ、確実に覚えてもらうことで受験対策になるようです。バンザンが個別に勉強方法を変えるのは、合格率だけを高めるのではなく、教えた受講者を確実に合格させるためだと言えるでしょう。

受講者の能力を伸ばす教育を実施

◆お互いの相性も大切

バンザンではただ勉強した内容を詰め込むだけではなく、受講者の能力をきちんと伸ばす教育を実施しているそうです。それには講師陣の指導品質が重要になるでしょう。受講者だけが勉強をするのではなく、講師陣もどのように教えればよいのかを学ぶ必要があるのですが、バンザンでは先輩のよいところを取り入れる方法が採用されているそうです。確かな実績を残している講師の指導方法を共有することで、新しく加入した講師にも情報が伝わり、高いレベルの教育ができるようになると言います。

高いレベルの教育を行うためにはマッチングも重要になりますが、受講者にも明るく気さくな人もいれば、あまり話すのが得意ではないシャイな人もいるでしょう。バンザンの講師も誰に対してでも優しく接することができる人もいれば、ときには厳しく指導するべきと考えている人もいるとのことです。バンザンの講師と受講者の相性も、能力を伸ばすためにはきちんと考える必要があるでしょう。

◆ストレスを軽減する勉強が大事

相性が重要になるのであれば、コミュニケーションも重要になるでしょう。ただ勉強を教えるだけが家庭教師の仕事ではないでしょう。これはオンライン家庭教師でも、訪問型家庭教師でも同じことが言えるでしょう。いくらEdTechを導入していても、きちんと活かせなければ意味がないと言えます。

しっかりとコミュニケーションを取り、よいコンディションで勉強できなければ能力は伸びないでしょう。それにはリラックスした状態で勉強ができること、安心して接することができる人でないとダメでしょう。バンザンは講師と受講者だけではなく、受講者の家族ともしっかりとコミュニケーションを取っており、ストレスのない方法で勉強を教えているとのことです。

もし伸び悩んでいる受講者がいたら、その原因を一緒に考えて改善する、志望校に合格するには何が足りないのかを一緒に考えることもコミュニケーションの一環だと言えるでしょう。

◆苦手な教科も得意な教科も伸ばす

正しいコミュニケーションを取るためには、講師陣や会社の実績も重要になりますが、バンザンは家庭教師派遣事業の経験が20年以上あります。20年で4万人を超える指導経験もあるので、バンザンが今まで培ってきた豊富な経験を活かした指導を行っているようです。

得意な教科をもっと得意にする、苦手な教科はしっかりと克服する必要もあるでしょう。受験では合格点に届かない教科が1つでもあれば、不合格なる学校もあるようです。これでは他の教科を伸ばしても結果を残せないでしょう。逆に苦手な教科の対策ばかりでは、その人のよいところを伸ばすことができないので、両方とも伸ばせるようにバンザンでは指導を行っているとのことです。

寄り添った教育が大切

◆実際に顔を合わせる授業も大切

バンザンではオンライン家庭教師による指導と、訪問型家庭教師による指導が導入されています。地域による教育格差をなくすためには、ITと教育を掛け合わせたEdTechが重要になるでしょう。インターネットは地方でも都会でも繋がるので、全てオンラインによるライブ教育にしてもよいと考える人もいると思います。

しかし、バンザンは今でも訪問型家庭教師による教育も行っているそうです。それは受講者に寄り添った教育を大切にしているからだと言えるでしょう。確かにインターネットを使用してライブ教育ができれば、どこにいても都心で有名校への合格率が高い塾に通っているのと同様の授業が受けられるでしょう。

バンザンは個別授業も行っているので、オンラインでも受講者に合わせた教育が可能なようです。それでも従来の訪問型家庭教師による勉強方法を行っているのは、直接受講者に寄り添うことができるからだと言われています。

◆重要なコミュニケーション

画面を通してなら安心して会話ができるけれど、実際に本人を前にしてしまうと緊張して思うように話せないという人もいるでしょう。寄り添った教育はただ勉強を教えるだけではなく、コミュニケーション能力の向上にも繋がりますし、学校や会社は集団行動になるので、とても重要だと言えるでしょう。

いきなり訪問してすぐには打ち解けられないこともあるでしょうが、しっかりとコミュニケーションを取れば、時間はかかっても気持ちが通うようになるでしょう。これこそがバンザンの寄り添った教育と言われています。

心が通って親密な関係になれば、わからないことや不安なことなども気軽に聞くことができるでしょう。勉強では必ずわからないことが出てくると言います。わからないことをそのままにしていては、全く同じ問題なら回答できるでしょうが、応用問題ができるようにならないでしょう。逆に基礎や公式がわかってしまえば、応用問題も簡単に回答することができるでしょう。

◆基礎を覚えなければ何もできない

受験では基礎問題だけでなく、応用問題も出てくるので、合格するには基礎をしっかり覚えることは絶対と言えます。これは受講者だけではなく、教えるバンザンの側にも同じことが言えるでしょう。

マニュアルを読んでどのように教えればよいのかはわかっても、受講者の性格や得意科目、成績などが人によって異なっている以上、マニュアル通りに教えてうまく行くケースは少ないでしょう。

基礎を覚えたら後は経験を積んでいく必要がありますし、バンザンに所属するベテランの先輩講師がどのように指導しているのか共有することも重要でしょう。バンザンは講師同士も寄り添って、より高い教育ができるように情報の共有も行っているそうです。

講師の質も重要視している

◆努力を怠らない講師を積極採用

受講者がより高い教育を受けられるようにするには、講師の質も大切だと言います。講師自身が勉強を怠らずに行い、成長していかなければ受講者もしっかりと勉強をして夢をかなえようとは思わないでしょう。バンザンではより高い教育を施せるように、質の高い講師を積極的に採用しているそうです。

誰しも最初から質の高い教育ができるわけではないので、バンザンでは実戦経験を積みながら自分自身も成長していきたいと考えている人を重用していますし、現状に満足してはいけないという考えでないとうまくやっていけないでしょう。

世の中は常に変化しているので、マンネリ化してしまうようではダメでしょう。常に変化している世の中についていけなければいけませんし、変化を喜んで受け入れ、積極的に行動する人や努力する講師を求めているそうです。いつまでも人に頼るのではなく、わからないことは自分で調べ、失敗を恐れずに突き進むような人材を積極的に採用しているとのことです。

◆新しいことにどんどん挑戦

常に目標を持って行動し、目標のために努力を惜しまない人でなければ、受講者に適切で最適な教育はできないでしょう。受講者にもわからないことはなるべく自分で調べ、それでもわからないときにはすぐに質問をするように指導する講師もたくさんいるそうです。それがバンザンの理念でもありますし、バンザンの挑戦でもあると言えるでしょう。

バンザンは常に新しいことにも挑戦しています。EdTechの導入だけではなく、オンライン家庭教師によって地方の教育格差をなくす取り組みも、失敗を恐れずに実行しているようです。オンラインによるライブ教育は成功し、多くの人から評価されるようになりましたが、まだ全ての人が満足しているわけではないでしょう。もっと気軽に利用できるように、よいところを残して悪いところは改善する必要があるでしょう。

◆講師も高いコミュニケーション能力が必要

バンザンでは受講者に勉強だけではなく、コミュニケーション能力の向上も目指してほしいと考えています。それにはバンザンの講師にコミュニケーション能力がなければ難しいでしょう。営業職や接客業だけがコミュニケーション能力を必要としているのではなく、どのような職業でも必要不可欠な能力と言えます。それは家庭教師であっても例外ではないでしょう。

バンザンの講師に勉強を教えてもらっている子供たちも、コミュニケーション能力は必ず必要になるでしょう。学校ではコミュニケーションについてきちんと教えてくれませんが、バンザンでは家族と一緒に考えていくようにしているとのことです。それには講師がきちんとコミュニケーション能力を身に着けていないといけないでしょう。