講師の質も重要視している

◆努力を怠らない講師を積極採用

受講者がより高い教育を受けられるようにするには、講師の質も大切だと言います。講師自身が勉強を怠らずに行い、成長していかなければ受講者もしっかりと勉強をして夢をかなえようとは思わないでしょう。バンザンではより高い教育を施せるように、質の高い講師を積極的に採用しているそうです。

誰しも最初から質の高い教育ができるわけではないので、バンザンでは実戦経験を積みながら自分自身も成長していきたいと考えている人を重用していますし、現状に満足してはいけないという考えでないとうまくやっていけないでしょう。

世の中は常に変化しているので、マンネリ化してしまうようではダメでしょう。常に変化している世の中についていけなければいけませんし、変化を喜んで受け入れ、積極的に行動する人や努力する講師を求めているそうです。いつまでも人に頼るのではなく、わからないことは自分で調べ、失敗を恐れずに突き進むような人材を積極的に採用しているとのことです。

◆新しいことにどんどん挑戦

常に目標を持って行動し、目標のために努力を惜しまない人でなければ、受講者に適切で最適な教育はできないでしょう。受講者にもわからないことはなるべく自分で調べ、それでもわからないときにはすぐに質問をするように指導する講師もたくさんいるそうです。それがバンザンの理念でもありますし、バンザンの挑戦でもあると言えるでしょう。

バンザンは常に新しいことにも挑戦しています。EdTechの導入だけではなく、オンライン家庭教師によって地方の教育格差をなくす取り組みも、失敗を恐れずに実行しているようです。オンラインによるライブ教育は成功し、多くの人から評価されるようになりましたが、まだ全ての人が満足しているわけではないでしょう。もっと気軽に利用できるように、よいところを残して悪いところは改善する必要があるでしょう。

◆講師も高いコミュニケーション能力が必要

バンザンでは受講者に勉強だけではなく、コミュニケーション能力の向上も目指してほしいと考えています。それにはバンザンの講師にコミュニケーション能力がなければ難しいでしょう。営業職や接客業だけがコミュニケーション能力を必要としているのではなく、どのような職業でも必要不可欠な能力と言えます。それは家庭教師であっても例外ではないでしょう。

バンザンの講師に勉強を教えてもらっている子供たちも、コミュニケーション能力は必ず必要になるでしょう。学校ではコミュニケーションについてきちんと教えてくれませんが、バンザンでは家族と一緒に考えていくようにしているとのことです。それには講師がきちんとコミュニケーション能力を身に着けていないといけないでしょう。