訪問型家庭教師の利用も可能

◆都心部なら通常の家庭教師による授業も可能

バンザンは教育格差を作らないという理念があるので、近くに塾や予備校がなくて困っている地方や離島の人たちだけを助けるような教育方法は行っていません。都心に住んでいる人たちもきちんとバンザンによる教育が受けられる体制になっています。インターネットを使ったオンライン家庭教師に指導してもらい、勉強をすることもできるのですが、都心向けに一般的な訪問家庭教師による指導も受けられるとのことです。

バンザンはEdTechだけにこだわっているわけではないそうです。本来家庭教師は勉強がしたいと考えている人の自宅に指導する側が赴いて勉強を教える方法です。当然よい点もたくさんあるので、よいところはしっかりと残しているのもバンザンの特徴でしょう。指導方法もオンラインライブと変わりはありませんので、都心に住んでいても高いレベルの教育が受けられるとのことです。

バンザンのオンライン家庭教師サービスはこちら

◆自分に合った勉強ができる

家庭教師も1対1で勉強を教えていくので、その人に会った勉強ができるメリットがあります。例えば高校受験で合格するための勉強をしていた人が利用した場合、第一志望の高校受験で合格できるように計画を練って勉強を教えているそうです。その場でわからないことは質問できますし、しっかりとコミュニケーションを取ることもできるでしょう。

バンザンでは嫌々勉強をするのではなく、家庭教師の先生が来るのが楽しみになる、勉強を教えてもらうのがうれしくなるようなモチベーションを向上する方法も導入しているそうです。そのためには家庭内の状況に関するヒアリングなども行う必要があるでしょう。

受講者の能力を引き出せる学習をすることも大切と言われます。受講者の能力を引き出すためには、講師と受講者の信頼関係が影響すると言ってもよいでしょう。

◆講師と一緒に努力をしていく

バンザンは受講者やその家族とも信頼関係が築けるように、コミュニケーションを積極的に取り、勉強に関する内容以外の会話も大切にしているそうです。高校や大学の受験を控えている人は、第一志望校に合格することが勉強をする目的になっています。

しかし、勉強は社会に出ても役に立つことも多いので、一時的とは言え無理やり自分に言い聞かせて行うのではなく、進んで勉強がしたくなるような教育ができるように講師陣も努力しているそうです。

受講者だけが努力をして、講師はただ勉強を教えているだけでは、きちんとした信頼関係は築けないでしょう。勉強を自ら進んで行おうとは思わないのではないでしょうか。バンザンの講師は自らも努力をして、受講者を人として尊重しながら勉強を教えているとのことです。