万全の受験対策ができる

◆受験は避けて通るのが難しい

子供が学校の勉強以外に塾や予備校などに行って勉強する目的と言えば、やはり受験対策でしょう。中学受験は私立に限定されますが、高校受験や大学受験は避けて通ることができません。高校や大学などは推薦で入学することも可能ですが、半数以上の人は一般受験を行って合格することで入学が可能となっています。入学できなければ浪人することになってしましますが、浪人は避けたいと考える人が多いでしょう。浪人しないように、また来年受験をする必要がないように、塾や予備校を利用するのではないでしょうか。

バンザンでも受験に合格するための勉強を行っていますが、どのような教育方法がその人に向いているのかを考えなければ、適切な指導はできないでしょう。バンザンはただ勉強を教えるだけではなく、その人に合わせて計画を立て、合格率を高めるための指導を行っていると言います。受験前の子供には、今の学力では合格するのが厳しい、毎日勉強ばかりで嫌になってきたという悩みを抱えている場合もあるでしょう。

そんな悩みを解決しないで勉強を教えていても、しっかりと覚えることは難しいでしょう。家庭教師が来て勉強をするのが楽しめるような環境づくりや、子供に自信を付けさせることも指導の一環でしょう。

◆講師が受講者に合わせる

バンザンは高い合格実績を持っていますが、いくら合格実績があっても、その人に合わせた勉強ができなければ意味がないという考え方をしているようです。ただ教えればよいのではなく、対話を大切にしながら勉強を教えることも重要ですし、自分できちんと考えて問題を解くことも忘れないようにしなければならないでしょう。

講師も受講者と同じ人間なので、その人によっていろいろな指導方法があるでしょう。講師によって指導方法が変わってしまうと、相性によって上達する人とそれほど上達できない人が出てしまうと言います。これも教育格差に繋がってしまうため、バンザンでは受講者が講師に合わせるのではなく、講師が受講者に合わせて教育をしているとのことです。このような方針はオンライン家庭教師も訪問型家庭教師であっても変わらないと言えるでしょう。

◆実績を活かした指導

合格実績を活かした勉強だけではなく、個人を活かす指導こそがバンザンの教育スタイルだそうです。志望校に合格するには、問題集を解いているばかりではなく、志望校別のアプローチをすることも大切になると言います。都心部なら比較的志望校別のアプローチがある程度できているところもあるようです。

地方では逆に志望校別のアプローチが弱い傾向にあるので、バンザンでは地域格差をなくすEdTechを活かした勉強も行われているとのことです。勉強スピードもその人に合わせ、確実に覚えてもらうことで受験対策になるようです。バンザンが個別に勉強方法を変えるのは、合格率だけを高めるのではなく、教えた受講者を確実に合格させるためだと言えるでしょう。