受講者の能力を伸ばす教育を実施

◆お互いの相性も大切

バンザンではただ勉強した内容を詰め込むだけではなく、受講者の能力をきちんと伸ばす教育を実施しているそうです。それには講師陣の指導品質が重要になるでしょう。受講者だけが勉強をするのではなく、講師陣もどのように教えればよいのかを学ぶ必要があるのですが、バンザンでは先輩のよいところを取り入れる方法が採用されているそうです。確かな実績を残している講師の指導方法を共有することで、新しく加入した講師にも情報が伝わり、高いレベルの教育ができるようになると言います。

高いレベルの教育を行うためにはマッチングも重要になりますが、受講者にも明るく気さくな人もいれば、あまり話すのが得意ではないシャイな人もいるでしょう。バンザンの講師も誰に対してでも優しく接することができる人もいれば、ときには厳しく指導するべきと考えている人もいるとのことです。バンザンの講師と受講者の相性も、能力を伸ばすためにはきちんと考える必要があるでしょう。

◆ストレスを軽減する勉強が大事

相性が重要になるのであれば、コミュニケーションも重要になるでしょう。ただ勉強を教えるだけが家庭教師の仕事ではないでしょう。これはオンライン家庭教師でも、訪問型家庭教師でも同じことが言えるでしょう。いくらEdTechを導入していても、きちんと活かせなければ意味がないと言えます。

しっかりとコミュニケーションを取り、よいコンディションで勉強できなければ能力は伸びないでしょう。それにはリラックスした状態で勉強ができること、安心して接することができる人でないとダメでしょう。バンザンは講師と受講者だけではなく、受講者の家族ともしっかりとコミュニケーションを取っており、ストレスのない方法で勉強を教えているとのことです。

もし伸び悩んでいる受講者がいたら、その原因を一緒に考えて改善する、志望校に合格するには何が足りないのかを一緒に考えることもコミュニケーションの一環だと言えるでしょう。

◆苦手な教科も得意な教科も伸ばす

正しいコミュニケーションを取るためには、講師陣や会社の実績も重要になりますが、バンザンは家庭教師派遣事業の経験が20年以上あります。20年で4万人を超える指導経験もあるので、バンザンが今まで培ってきた豊富な経験を活かした指導を行っているようです。

得意な教科をもっと得意にする、苦手な教科はしっかりと克服する必要もあるでしょう。受験では合格点に届かない教科が1つでもあれば、不合格なる学校もあるようです。これでは他の教科を伸ばしても結果を残せないでしょう。逆に苦手な教科の対策ばかりでは、その人のよいところを伸ばすことができないので、両方とも伸ばせるようにバンザンでは指導を行っているとのことです。